スポンサーリンク

【一泊 25,000円】個室露天風呂付きの宿 宿泊体験記【下呂】

その他

こんにちは、すずごん(@suzugon_blog)です。

一度、個室露天風呂付きなどの高級宿に宿泊しみたいけど、高いお金払って満足できなかったら、どうしよう??

今回の記事では、こんな方にオススメの内容となっています。

この記事では、僕が初めて、個室露天風呂付き高級宿に宿泊した体験記録を紹介します。

結論から言うと、金額以上に満足できる体ができました!

お風呂はもちろんですが、特にこれまで宿泊した宿と比べて「サービスの質」が段違いでした。

すずごん
すずごん

この記事が、みなさんが「高級宿に一度宿泊してみよう」と思うきっかけになればうれしいです。

この記事を書いた人
  • すずごん 37歳
  • フツーの会社員 兼 初心者ブロガー
  • 岐阜県在住
  • 奥さんと2人暮らし

個室露天風呂付きの高級宿に泊まることになった きっかけ

コロナの影響から、なかなか外出できず、僕たちは休日の時間を持て余してしました。

そこで、知人が今回紹介する宿に泊まった話を聞きました。

興味はあるものの、「本当に1泊25000円分の価値があるのか。」不安もありましたが、

  • 1年間、遊びにお金つかっていない
  • 県内なので新幹線代や高速代がかからない
  • 県内で、1日2組限定なので コロナ感染の心配も少ない

夫婦で話し合いの結果、この3点が決め手となり、この旅行を決行することとしました。

今回宿泊した宿 紹介

「杣人(そまびと)の里 挽家(ひきや)」という宿に宿泊しました。

  • 岐阜県 中津川市
  • 下呂温泉街まで車で15分ほど
  • 古民家を改装した宿
  • 宿泊は、1日 2組限定
  • 一泊25300円(2名・土日祝の前日の場合)
  • 部屋には専用半露天風呂がついている
  • 4000坪の敷地には、田んぼや畑があり、収穫した米や野菜は食事で食べられる
  • 夏にはホタル・冬は雪化粧など、四季それぞれの景色を楽しめる
  • ホームページ 
すずごん
すずごん

この情報だけでも、期待感がすごいですよね!

旅の様子

今回の僕たち夫婦の実際の旅の様子を紹介します。

すずごん
すずごん

みなさんにイメージしてもらいやすいように写真多めで紹介します。

下呂温泉街観光

下呂駅前にて

チェックイン前に下呂温泉の温泉街を観光しました。

地元ということで何度か来たことがあるため、新しくできたお店を中心に観光ました。

バターサンドのお店。

それぞれ一つずつバターサンドを購入し、食べ歩き。

僕はピスタチオのバターサンドにしました。

「プリンのソフトクリーム乗せ」も食べ歩き。

「リアル脱出ゲーム」の施設ができていました。

夫婦そろって好きなため、迷わず挑戦。

結果は聞かないでください😭

チェックイン

車で15分ほど移動し、チェックイン。

玄関の様子

雰囲気がいい玄関でした。

期待感が上がります。

公式HPより

宿の方に迎えられると、広大な庭を案内してくれました。

途中、湧水を飲める所や、池の鯉たちには自由にエサをあげてもいいとのことでした。

ロビー

ロビーの様子です。雰囲気がありますよね。

2組の宿泊客が使用するには贅沢すぎるほど、くつろぎスペースがありました。

お菓子を頂きながら、宿の説明や夕食時間の打ち合わせなど。

部屋でくつろぎタイム

早速、鯉にエサを上げるために、庭の散策。

そして、1度目のお風呂です。

このお風呂に宿泊中、何度入ったことか。

温泉の成分があるものの、基準値には達していないと説明がありました。

窓を全開にすることもできます。

公式HPより

このベランダと、お風呂が繋がっています。

お風呂で暑くなったら、そのままベランダでくつろぐこともできます。

ハンモックにゆられ読書タイム。

初ハンモック体験。個人的には、普通のチェアの方がくつろげます 笑

夕食

夕食は、庭の畑や田んぼで採れたものを中心に、本当に豪華で量も多く、大満足でした。

  • 五平餅
  • 庭でとれた山菜の天ぷら
  • A5ランクの飛騨牛の鉄板焼き
  • 〆のたけのこご飯

写真に掲載されているものは、これでも一部です。

食事提供のタイミングや、食材の説明もわかりやすく、食事をとても楽しくとることができました。

食事あとには、なんと夜食にと、朴葉寿司ももたせてくれました。

夜の時間

朴葉寿司を食べた後は、お風呂にはいったり、ロビーで話をしたり。

旅行の夜には、将来設計など、しっかりした話を落ち着いてできるものです。

その後、大きなベッドで就寝。

公式HPより

2日目 朝食・チェックアウトなど

ロビー

普段、朝活をしているので、この日も自然と早起き。

5時過ぎから、ロビーで読書。

非日常空間だからか、いつもより集中して読むことができました。

朝食

普段、朝ごはんを食べていないので、きちんと食べられるかなと心配でしたが、

まったく心配いりませんでした。

おひつの中のご飯をすべて完食しました。

特に「できたての豆腐」は感動の美味しさでした。

食後は、最後の最後までお風呂に入って、チェックアウト時間ギリギリまでのんびりしました。

高級宿のよかったところ 

露天風呂付きの部屋

部屋にお風呂ある部屋というのは、はじめてでしたが、かなり良かったです。

通常の温泉宿だと、1日目夕食前と2日目朝の2度入っていましたが、

今回は合計5回は入りました。

  • 時間に制限がないこと(夜間・早朝でも大丈夫)
  • 気軽に入れること(廊下の移動などのために着替えなくても大丈夫)
  • 家族、一緒に入れること(会話も楽しめます)

など、様々なメリットがあると思います。

公式HPより

サービス

また「サービスの質」がこれまで宿泊した宿とは段違いでした。

すずごん
すずごん

ここでは、特に気に入ったサービス3つについて紹介します。

写真

こちらから依頼して写真を撮ってもらうことはありましたが、この宿では

「ここ写真映えしますよ。撮りましょうか?」

声を掛けてもらえました。すごくうれしかったです。

食事提供のタイミング

ほんと絶妙なタイミングでの提供でした。

待ち時間もなく、どんどん次の料理がきて慌てて食べることもなく、ほどよいペースで料理を楽しめました。

アメニティ 

僕がうれしかったのは、タオルの量。

最初からタオルが大量に用意してあり、お風呂後に毎回新しいタオルで身体をふけたのは、すごく心地よかったです。

その他にも、化粧落しなど女性ならではのアメニティも充実していたと、奥さんが言っていました。

まとめ

一泊25000円の高級温泉宿。

れだけの価値は、十分に感じられました。

はじめて泊まってみて、後悔はまったくありません。

ぜひ、みなさんにもこの体験を味わっていただきたいです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

すずごんの他の記事→

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました