スポンサーリンク

【会話が続かない⁉︎】上手な相槌の方法 2ステップ

本から学んだこと

こんにちは、すずごん(@suzugon_blog)です。

職場の人
職場の人

おはようございます!

今日は、暑いですね💦

すずごん
すずごん

おはようございます。

ほんと、暑いですよね。

職場の人
職場の人

・・・・。

すずごん
すずごん

・・・。(困った)

こんな場面、よくありますよね。(僕は、よくあります💦)

会話が続かず、気まずい

日常会話ならまだいいとしても、営業先でこのようなことになったら恐ろしいですね。

そこで、この記事では、こんな状況を解決する方法を紹介します!

大切だったのは、「相槌(あいづち)」

相づちを少し工夫するだけで、会話を広げたり、深めたりすることができるようになります

今回の記事の内容は、『マンガでわかる 必ず伝わる!ロジカル会話術』という本を参考にしています。

マンガでわかる 必ず伝わる!ロジカル会話術 コンサルのコンサルが教えるビジネスパーソンの基礎教養 : 1 (アクションコミックス) | 船川淳志, 深山雪男 | ビジネス教育 | Kindleストア | Amazon
Amazonで船川淳志, 深山雪男のマンガでわかる 必ず伝わる!ロジカル会話術 コンサルのコンサルが教えるビジネスパーソンの基礎教養 : 1 (アクションコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみい...

この本のテーマである会話術の中から、「相槌」の部分をピックアップして紹介します。

すずごん
すずごん

この本は、

  • マンガなので、読みやすく
  • Kindle Unlimitedなら無料で読める

ので、誰でも気軽に読むことができます。

この記事は、こんな方にオススメ
  • 日常会話を、自然に続けたい方
  • 会話を広げたり、深めたりするためのコツを知りたい方
  • 人見知りだけど、聞き上手になりたい方

会話を広げる相槌 2ステップ

すずごん
すずごん

では早速、会話を広げるための相槌の仕方を紹介します。

たったの2ステップなので、簡単ですよ!

ステップ1 共感する相づち

まず、相手の言葉を受け止めて、共感するための言葉を紹介します。

①間投詞

まずは、間投詞は投げかけます。

間投詞の種類

はぁ / へ〜 / ほ〜/ はい / えぇ / まぁ / まぁ / いやぁ など

簡単ですね。

普段から、自然に使っている方も多いと思います。

②共感・需要のキーワード

間投詞のあとには、共感するための、ちょっとした一言を付け加えます。

この一言は、相手の話の内容が、

  • プラス要素(前向きな内容)
  • マイナス要素(後ろ向きな内容)
  • ニュートラル(どちらでもない)

のどれかによって、使いわけます。

③ミラーリング や パラフレージング

他にも、相手に「僕は、あなたの話をしっかり聞いていますよ。」ということを印象付けて、共感を得る方法もあります。

たとえば、「ミラーリング」「パラフレージング」という手法があります。

  • ミラーリング…相手の言葉の一部をそのまま繰り返すテクニック
  • パラフレージング…相手の発言の内容を要約したり、似た言葉で返すテクニック

では、実際の場面でミラーリングやパラフレージングをどのように使えばいいのでしょうか。

具体的な会話の例を紹介します。

職場の人
職場の人

○○さんの息子さん、サッカー部の部長になったみたいだよ

すずごん
すずごん

へぇ(間投詞)

すずごん
すずごん

それはすごいですね(共感・需要のキーワード)

すずごん
すずごん

サッカー部の部長ですか!(リフレーミング)

職場の人
職場の人

でも、試合で脚を痛めて、リハビリ中なんだ

すずごん
すずごん

うわぁ、それは大変ですね(共感・需要のキーワード)

すずごん
すずごん

ケガから復帰するために頑張っているんですね(パラフレージング)

どうでしょうか?自然な流れの会話ですよね。

④ジェスチャー

相手の会話に共感していることを伝えるためには、言葉だけでなく、ジェスチャーも有効です。

たとえば、少し時間をかけて考えたいときに

のようなジェスチャーをしていると、

無言の時間があったとしても、共感していることが相手に伝わります。

ステップ2 会話を広げる 相槌

ステップ1の内容を実践すると、相手の話を受け止めることができそうですね。

次に、ステップ2です。

こちらから、その話題を深めたり、話題を転換したりするきっかけとなる言葉を示します。

話題を深めたり、話題の転換のためには、次の図のような4パターンがあります。

会話の中で、この4パターンを意識して、使い分けることで、会話がどんどんつながっていきます。

①確認

相手の言葉を肯定し、強めることで「相手の話をしっかり受け止めています」という姿勢をさらに伝えます。

たとえば「確かに/やはり/実際」などの言葉を使います。

職場の人
職場の人

今日は本当に暑いね。35℃を超えるらしいよ。

すずごん
すずごん

確かに、さっきから汗がとまりません。

②促進

相手に話を促し、さらに話題や情報を引き出します。

前に乗り出すようなアクションを加えると、より効果的です。

たとえば「それで/それから」などの言葉を使います。

職場の人
職場の人

昨日、昼食後にお会計しようと思ったら、財布を忘れたことに気づいてさ。

すずごん
すずごん

えっ、それでどうしたんですか!?

③付加

相手の話に、自分からの情報を自然な流れで付け加えるために活用します。

たとえば「そういえば/ついでに/ということは」などの言葉を使います。

職場の人
職場の人

田中部長の息子さん、野球部に入ったらしいよ。

すずごん
すずごん

そういえば、佐藤課長の息子さんも、野球部に入ったみたいですよ。

④転換

話題を変えたり、論点を切り替えたりするときに活用できます。

たとえば「ところで/さて/逆に」などの言葉を使います。

職場の人
職場の人

今日の仕事は本当に大変だったね。

すずごん
すずごん

本当に大変でしたね。さて、家に帰ってゆっくりしましょうか

まとめ

上手な話の聞きためには

  1. 共感の相槌
  2. 会話を広げる相槌

が、大切なことは分かっていただけたと思います。

共感の相槌は、すぐにでも実践できます。

会話を広げる相槌は、慣れるまでに少し時間はかかるかもしれませんが、だれでも必ずできる内容になります。

今回、紹介した内容は、日常の雑談でも、仕事での会議や商談などの場面でも、どこでも使える内容です。

すずごん
すずごん

ぜひ、上手に話を聞くコツを使いこなし、会話を楽しみましょう!

すずごんのブログ おすすめ記事 →

コメント

タイトルとURLをコピーしました