スポンサーリンク

ほめるとこんなにいいことがある!
ほめる効果とポイント・テクニックを紹介!

本から学んだこと

こんにちは、すずごん(@suzugon_blog)です。

今日は、『たった一言で変わるほめ言葉の魔法』という本を紹介します。

「誰もが認められることに飢えている」

そう、みんなほめられたいのです。

なのに、「ほめる」って、自分ではできているようで、

実はできていないことが多いんです。

ほめるって、難しいですよね。

そこで、この『たった一言で変わるほめ言葉の魔法』を読むと、

ほめるときのポイントや、ほめるとどんないいことが起こるかを、

わかりやすくまとめてあったので、紹介します。

このブログでは、この本を読んでボクが、

「自分なりの気づきがあたっところ」

「新しく得た知識」

「行動に移したいこと」

などを紹介します。

この記事を読んで、興味を持った方は、

実際にこの本を手に取って、読んでみてください。

もうすでに読んだ方は、あなたの気づきと、ボクの気づきを比較することで

より深い読書体験になると思います。

では、ぜひ最後までお付き合いください。

「ほめる」と こんなに いいことがある

うまくほめることができると、

相手にとって、よいことがたくさんあります。

では、具体的にどんな良いことがあるのか!?

4つ紹介されていました。

成長が予測を上回る

ほめられて自信をもつようになると、

人は驚くほど伸びます。

これは、自分がほめた時にも、

また、自分自身がほめられた時にも

日常生活の中で実感しています。

「ほめる」→「自信になる」は、

一番の効果だと思います。

とびっきりの笑顔が見られる

これも納得できますね。

ある程度、歳を重ねると、

笑顔になることを恥ずかしく感じて、なかなか表には出せませんが、

それでもほめられると、笑顔になってしまうことはあります。

子どもの場合は、満面の笑みを見せてくれますね。

そして、笑顔は,周りの人を幸せにします

笑顔の人は、より愛されるようになります

笑顔の人は、よりほめられやすくなり、より笑顔になる。

最高の好循環ですね。

自分の気持ちを表現するようになる

日本人が、特に苦手としているのが、「表現すること」だと思っています。

ところが「ほめられる」→「自信になる」ことで、

素直に自分自身のことを表現できるようになるんですね。

そうすると、自分のことを理解してくれる人が集まり

周りには仲間があつまります

「ほめる」ことで、相手が行動に移すことができる原動力になるんですね!

自分を律するようになる

「ほめられる」→「自信につながる」のもう一つの効果。

それは、自分の短所も改善しようとすることだと書いてあります。

短所に向き合うこと、さらに改善しようとすることは、

ものすごいエネルギーが必要ですよね。

それができるほどのエネルギーを

「ほめる」ことによって与えることができるとは驚きです。

ほめるポイント &  テクニック

結果ではなく、行動や努力をほめる

このことは、他の本でも書いてあったので、とても大切なことなんだと思います。

たとえば「テストで100点をとった!」「プロジェクトを大成功させた!」

という「結果」をほめてしまいがちですが、そうすると

次に「90点だった」「プロジェクトの結果は、まずまずだった」ときに

ほめることが、難しくなってしまいます。

さらに、「努力はしていたけど、50点だった」「努力はしていたけど、取引が破断した」となると、

「ほめる」ことはできず、「なぐさめる」ことしかできなくなってしまいます。

だから「毎日、机に向かって勉強していたね」「一人一人に声を掛けて、メンバーをまとめていたね」など、

行動や努力をほめるべきです。

特にほめるポイントが「具体的」になればなるほど、効果的です。

ほめることが見つからないときは、とにかく観察

いざ、ほめてみようと思っても、

何をほめていいかわからないときがありますよね。

「相手の欠点」は、よく見えてくるものの、

「相手のほめたいところ」は、思い当たらない。

そういうときは、ほめたい人を、とにかく「観察」です。

とにかく注意深くみてみる!

良いところは、あえて探そうと思わないと、なかなか見つからないものです。

でも、あらためて探そうと思うと、絶対みつかります。

コツは、身近な人ほど、その人のいいところは

「当たり前」に見えてしまっていることも多くある!

このことを覚えていると、

「いつも○○してくれてる」「こういうときは、助かるな」

など気づけることがあります。

また欠点だと思っているところも

見方をかえれば「ほめたいところ」になることもよくあります。

例えば、「負けず嫌い」なひとは「向上心が強い」というように。

ぜひ、最初は身近な人から、ほめるところを探してみてください!

第三者の視点から ほめる

ほめるところが見つかって、さぁ、ほめようと思うとちょっと照れくさい

また、よくほめていると、ちょっとマンネリ化してきた。

なんてことが、あるかもしれません。

そう言った時のオススメテクニックです。

それは、「第三者の視点からほめる」

どういうことかというと、

「そういえば、○○部長が、あなたのこと、いつも笑顔で心が穏やかになる、って言ってたよ

「お父さんが、サトシが靴をそろえて脱いでいて、すごいな、って言ってたよ」

などです。

ほめられる側からすると、

目の前の人から直接ほめられるのとは、

違ったうれしさがありますよね。

また、大人が大人をほめるときは、

「お世辞を言っているだけじゃないか」

「何かウラがあるんじゃないか」

思われるかもしれません。

しかし、この方法だと、

「自分がいないところで言っていたなら、本当かもしれない」

と信じてもらえる可能性があがります。

ちなみにボクは、この方法を使う時、

第三者がそう言っていなくて、自分がほめたいことも

「○○さんが、あなたのことほめていたよ」と使うこともあります。笑

悪意はないので。これは自己責任でとりいれてみてください。

「叱る」前にも「ほめる」!?

もちろん子どもや後輩を、「叱ること」「注意すること」場面もあります。

「叱る」「注意する」ときは、その前に「ほめる」ことが大切です

というのも、「どんなことを叱るか」よりも、

「誰が叱るか」の方が大切だからです。

叱られる側に立った時、「この人には言われたくない」と、思ったことありますよね。

そう、叱る側と叱られる側の「人間関係」によって、

叱る効果が違ってくるのです。

では、どのどのように人間関係を築くかというと、

普段からほめていることが大切です。

また、普段ほめられていなくても、

「あなたは○○なところは素晴らしい。しかし、○○なところを改善するともってよくなるよ」

など、叱る直前でも少しは効果があります。

また、叱るときに、周りの人との比較は絶対にしてはいけません

「○○さんは、こうなのに・・・」「○○くんと比べて、あなたは・・・」

などはNGです。

「ほめる」の反対の言葉は「叱る」ではなく「比較」です

まとめ ボクが行動に移すこと

最後に『たった一言で変わるほめ言葉の魔法』を読んで、

ボクが行動に移すことをまとめます。

  • 周りのほめたいところを意識して探す。
  • 1日1回、だれかをほめる。
  • 第三者からのほめテクニックを実践する。
  • ほめたい人がいない場所でも、話題に挙げてほめる。
  • 叱る前、注意する前に、ほめる。

最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました