スポンサーリンク

ブログって、日記じゃないの!? 『読まれる・稼げる ブログ術大全』 【レビュー】

本から学んだこと

こんにちは、すずごんです。

今回は、『読まれる・稼げる ブログ術大全』を紹介します。

著者のヨスさんは、人気ブロガー!(失礼ながらボクは存じ上げませんでした。)というのも、ボクはブログを読むこともほぼなく、もちろんブログサイトを開設して記事を書いたこともありませんでした。

そんなボクが、ブログに関する本を読んで、新しく知った知識を紹介します。

ブログについて学んだこと

・ブログは、単なる日記を書くものではない

「今日は○○をした」という日記のことをブログというのだと思っていました。しかし、読者が求めている「記事」が書いてあるものがブログも多くあるのだと知りました。

ブログは、記事を投稿したあとでも、加筆訂正ができる。

ブログも、メールやTwitterのように、送信したり発信したりしたら、もう訂正はできない。そう思っていました。ところが、まず投稿してみて、ブログは加筆修正していくことできます。加筆訂正をすることで、良い記事にしていくことを、「記事を育てる」というそうです。

「自分が主人公のブログ」「情報が主人公のブログ」がある。

「自分が主人公のブログ」とは、自分の生活を主軸にしたブログ。「情報が主人公のブログ」とは、書かれた情報が重要なブログのことを言うそうです。どちらがいいと言うことではなく、ブログサイトを開設するときに、どちらのブログにするか意識することが大切です。

・マイクロインフルエンサー

特定の分野で、強い影響力をもつ人のことを言います。マイクロインフルエンサーになり、ブログ記事を書くことで、小さい範囲のなかの有名人になれます。

まとめ

自分が全く知らなかったブログという世界。新鮮で、読んでいて、すごく楽しめました。まさしく知的好奇心を刺激してくれる一冊となりました。学んだことは行動に移さないと意味がない!この言葉を座右の銘にしているボクとしては、早速、行動に移すこととしました。そう、このブログを開設しました。実は少し「はてなブログ」にも挑戦しましたが、「どうせ、やるなら!」と有料のWordPressで改めて開設しました。このブログが、どう成長していくのか!?みなさんに見守って頂きながら、成長していければと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました