スポンサーリンク

「諦める」ことも大切?? 『諦める力』【レビュー】

本から学んだこと

こんにちは すずごんです。

今回は『諦める力』という本を紹介します。

著者の為末大さんについて

著者の為末大(ためすえ だい)さんは、400mハードルでオリンピックに出場、世界陸上では銅メダルも勝ち取っています。これは、陸上トラック種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得となっています。

アスリートの成功者ですね。しかし、そんな為末さんが「諦める(あきらめる)力」??

この本を読んでみると、為末さんはもともと「100m走」を中心として競技をしていたようです。「100m走を諦めて400mハードルに転身」、そして「陸上競技を諦めて引退、その後に様々な活動に挑戦」と、2度の諦めがあることが分かりました。さらに為末さんはこの2度の諦めをとてもポジティブに捉えていたことが分かりました。

「諦める」のイメージ

辞書を引くと、「諦める」とは「見込みがない、仕方がないと思って断念する」をいう意味だと書いてある。

まさに、このイメージですよね。ネガティブです。ポジティブな要素は、どこにもありません。

為末さんの「諦める」のイメージ

では、為末さんがどういう考え方で、「諦める」をどう捉えているのか、わかる部分を抜粋しました。

漢和辞典で「諦」の字を調べてみると、「思い切る」「断念する」という意味より先に「あきらかにする」「つまびらかにする」という意味が記されていた。(中略)諦めるという言葉をあらためて見つめ直すを、こんなイメージが浮かび上がってくるのではないだろうか。「自分の才能や能力、置かれた状況などを明らかにしてよく理解し、今、この瞬間にある自分の姿を悟る」

世の中には、自分の努力次第で手の届く範囲がある。その一方で、どんなに努力しても及ばない、手の届かない範囲がある。努力することで進める方向というのは、自分の努力に見合った方向なのだ。

為末さんは、ただ様々なことを能天気にポジティブに捉えようとしている訳ではありません。才能」「環境」に人によって差があるという厳しい現実を認め、自分が勝てるフィールドに勝負しようという主張です。

なぜ諦めることは難しいのか?

自分が「諦めたい」と思っても、なかなか諦められないのは、周りの人からのポジティブなメッセージを受けるからだそうです。たとえば「やればできる」「夢は叶う」「君には才能がある」などです。日本人は「一意専心」という言葉が好きで、ひとつのことに集中し、最後までやりとげることが素晴らしいという価値観を持っているそうです。

ただ、この諦めずに続けるように訴える周りの人に、為末さんはこのように反論しています。

「それじゃあ、できない人はみんな、やっていないということなんですね?」

結果がでなかった人の中にも、十分すぎるほどの努力をしてきた人も絶対います。その人たちに、この言葉を投げかけるのは酷ですね。

他にも、「応援してくれる人は、結果がでなかった後の人生については考えていない」とも言っています。諦めるか、どうかは、自分の人生なので「周りの人の意見よりも自分で判断する」ことが大切ですね。

諦めたとき、努力してきたことは無駄になるのか?

では、諦めたとき、それまでの努力は無駄になるのでしょうか?為末さんは、無駄にはならないと言っています。

全力で試してみた経験が少ない人は、「自分ができる範囲」について体感値がない。ありえない目標を掲げて自信を失ったり、低すぎる目標ばかりを立てて成長できなかったりしがちである。転ぶことや失敗を恐れて全力で挑むことを避けてきた人は、この自分の範囲に対してのセンスを欠きがちで、僕はそれが一番のリスクだと思っている。

努力を続けてきた人、チャレンジした人というのは、自分の力を正確に測ることができ、次の努力やチャレンジをするときの精度があがります。努力すること、チャレンジすることは決して無駄にはなりません!

まとめ

100mを諦めて、400mハードルへ転身し、成功を納めた為末さん。為末さんの考える「諦める」考え方は、自分の人生をより豊かにするために必要なものだということを学びました。

  • 「才能」や「環境」には、人ぞれぞれ違いがあることを認める
  • 自分の才能や環境を理解し、自分の努力が報われる分野を知る。
  • そのためには、努力すること、チャレンジすることで、自分のできることの範囲の体感値を上げる。

そして人生を豊かにするためには、行動に移すことは大切だと、この本でも学ぶことができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました